〈成分別〉自分に合うシャンプーの選び方

 

 

〈成分別〉自分に合うシャンプーの選び方

 

 

シャンプーを選ぶとき、どのような基準で選んでいますか?好みの香りや、求めやすい価格など、選ぶポイントは色々あると思います。今回はシャンプーの洗浄成分に着目して選ぶポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

シャンプーは沢山の種類がありますが、洗浄成分に着目すると、主に3種類に分類することができます。シャンプーのボトルの裏面の成分を見ると、水の次に書かれているのが洗浄成分になりますので、どれが当てはまるかチェックしてみてください。

 

 

 

※高級アルコール系※

 

裏面表示(ラウリル硫酸NA・ラウレス硫酸NA・ラウリルスルホン酸NAなど)

 

市販で売られているシャンプーは、大体がこのタイプになります。販売価格も低価格で、経済的です。

 

特徴として、洗浄力が強く、非常に泡立ちが良く香りが良いのが特徴です。また、洗浄成分で髪のキューティクルを剥がしてしまうので、コーティングして指通りをよくする為にシリコンが使われているのも特徴です。

 

この種類は洗浄力が強いので皮脂分泌が多い人や、爽快感が欲しい人にはお勧めですが、肌が弱い人は赤みがでたり、乾燥を起こしたりするので、注意が必要になります。

 

 

※石鹸系※

 

裏面表示(石けん・ラウリン酸NA・脂肪酸NAなど)

 

よく耳にする石けんシャンプーがこれにあたります。

 

使われている成分も環境や人体にとても優しいことが特徴です。低刺激なので、アレルギー体質や敏感肌の方には合っていますが、洗浄力が意外と強いので、必要以上に皮脂を取りすぎてしまい、乾燥などのトラブルを起こすこともあります。

 

また、石鹸の成分はアルカリ性の為、髪のキューティクルを開かせてしまいます。対策として酢リンスやクエン酸などの酸性リンスで中和することによりキューティクルを閉じ、髪のダメージを抑えてくれます。

 

石けんシャンプーは傷んだ髪などではきしみが強く使うことに挫折してしまう人も多いですが、我慢して使い続けると、次第に髪質が正常になり、健康で美しい髪を手に入れることができます。

 

 

 

※アミノ酸系※

 

裏面表示(ラウロイルメチルアラニンNA・アシルグルタミン酸など)

 

天然由来の弱酸性成分を主成分とするシャンプーです。

頭皮にも髪にも優しく健康な地肌と髪質に整えていってくれます。保湿力が高いので、髪がしっとりとなり、手触りが良いのも特徴です。

 

とてもバランスのとれた良いシャンプーですが、価格が高いというデメリットがあります。また、洗浄力が弱いので、皮脂量が通常より多めの方は二度洗いするなどの工夫が必要になります。

 

 

 

いかがでしたか?

 

それぞれの種類にメリット、デメリットがありますので、なにを基準に選ぶか参考にしてみて下さい。

そして自分の頭皮の状態や髪質を知り自分に合ったシャンプーに巡り合ってくださいね。




コメントを残す