《夏までに痩せたい!ながら運動で足首スッキリ!》

 

 

《夏までに痩せたい!ながら運動で足首スッキリ!》

 

足の露出が多くなる季節。トレーニングも面倒くさいし、時間もあまりない!という方は通勤時間などでもできる『ながらダイエット』をしてみましょう。

 

 

ヒールは週2日・スニーカーは週5日

 

私服での通勤・通学の方は「ヒールは週2日・スニーカーは週5日」を心がけるとよいでしょう。

 

なぜかというと、ヒールを履きすぎてしまうことにより、かかとがずっと持ち上げられている状態となり、ふくらはぎが収縮したままうまく筋肉運動ができず筋肉が落ちていってしまいます。

 

また体重移動がうまくできず、体の外側や太ももの前などに負担がかかることにより体のバランスが崩れてしまうのです。

 

そこで、うまく体のバランスがとれなかったりヒールで疲れてしまう方はヒールを週2日程度にしておき、残りの5日をスニーカーもしくはフラットシューズに変えることをお勧めいたします。

 

スニーカーやフラットシューズにすることで足裏全体を動かすことができ、ふくらはぎの筋肉もしっかり動かすことができます。

 

 

 

歩くときは親指に力をいれて!

 

歩くときに意識をするだけでも脚痩せダイエットには何倍もの効果があります。

 

ヒール、スニーカーのどちらにも共通することなのですが、かかとから地面を踏み始め、つま先に体重移動をします。このときに、足裏の親指の付け根側に意識をおき、体重を移動させましょう。

 

このとき、無意識で歩くと体のバランスが悪い人は小指側に体重がかかってしまいます。そうすると、体の外側に筋肉がつき見た目が悪くなったり、O脚になったり、体のバランスが崩れ巡りが悪くなったりしてしまいます。

 

足裏の親指の付け根に力をいれることで、体の内側や太ももの内側に力が入り軸が中心により近くなるので体のバランスもよくなり、脚がどんどん細くなっていきます。

 

 

 

階段ではつま先立ち・電車内ではかかとをつける!

 

階段ではつま先で登るようにすると、ふくらはぎのトレーニングになるので是非階段を登る際にはつま先を意識しながらかかとを上げてみましょう。

 

また、電車に乗る際はできるだけ立ち、かかとを揃えつま先を45度くらいに開き、膝をつけましょう。そしてできればおしりの穴をキュッと閉めるようにしてみましょう。

 

それだけでも体の内側に力が入り、腹筋や太ももの内側、おしりの筋肉などのトレーニングになります。この周りの筋肉を動かすことによって脚が綺麗に見えるようになるので、是非「ながら運動」で効率良くダイエットをしましょう!

 

 




コメントを残す