《肩こりのセルフケア方法》

 

 

《肩こりのセルフケア方法》

 

肩から首まわりの重だるさや痛みを感じたことはありませんか?人によって表現方法はさまざまですが「痛い」「苦しい」「重だるい」「張っている」と感じる方が多いかもしれません。このような症状のことを総称して『肩こり』と呼びます。

 

 

 

肩こりの症状

 

肩こりは、首から背中の上部(肩甲骨のあたりまで)に痛みを感じることが多く、ひどくなると慢性化し、痛みを感じる部位が広がっていきます。痛みをほおっておくと、頭痛・顔面痛・上肢のしびれや痛みなども引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

肩こりの原因

 

肩こりの原因は多々ありますが、代表的なものは3つあげられます。

 

1, 体勢が変わらない

 

スマホを触ったりデスクワークをすると、目やその周りの筋肉が緊張してしまい眼精疲労がたまります。またその姿勢は、肩が内側にはいり首が前に出ている状態が続き、首から肩にかけての筋肉が緊張してしまうので血行が悪くなり肩こりの原因となってしまいます。

 

 

2, 運動不足

 

肩こりは血行不良が原因でおこることが多いので、運動不足になると筋収縮によるポンプ作用が少なくなるため血液を送り出す力が不足し血行が悪くなることで肩こりを引き起こします。またそれにより充分な酸素や栄養分が伝わらなくなり、疲れやすくなってしまいます。

 

 

3, ストレス

 

日々ストレスを感じている方は全身の筋肉が緊張しやすく、血管も収縮しやすい状態になり血流障害になることが考えられ、肩こりになりやすい状態になっています。また他にも、合わないまくらを使用していたり、メガネの度があっていない場合でもストレスを感じ肩こりを起こしやすいといわれています。

 

 

 

 

長引く肩こりは危険?無理せず病院へ

 

鋭い痛みがあったり、頭痛が続く場合、腕や手にしびれなどがある場合、ストレッチや運動・マッサージなどで改善されない場合は無理をせず医療機関へ受診することをオススメします。

 

 

 

セルフケア方法

 

肩こりを感じた際には、ストレッチやマッサージをしてみましょう。
(左の場合は右の手でしてみましょう。)

 

1, 鎖骨のくぼみを中央から外側にむけてくるくると回すように指でマッサージ

2, 鎖骨の下を手をグーにしてゴリゴリとマッサージ

3, 鎖骨の下を指で抑えながら肩をまわしたり、上下にうごかしたり動かす

 

上記は鎖骨や胸のまわりのマッサージです。次は、首のストレッチです。

 

 

1, 首を左右に倒す(僧帽筋のストレッチ)

2, 首をひねり、あごを鎖骨につけるように下を向く(肩甲挙筋のストレッチ)

3, 上を向き、あごを左右にひねりながらのばす(胸鎖乳突筋のストレッチ)

 

首まわりはマッサージを自分でしてしまうと痛めてしまう可能性もあるので、しっかりストレッチをしてみましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。肩こりは誰しもが感じやすい症状なので、自分でできることはセルフケアで対処してみましょう。




コメントを残す