【8ステップで減量】大ベストセラー本”Eat This Not That”から学ぶ超効果的なダイエット法

ベストセラーのダイエット本“Eat This Not That”の著者であり、グローバルヘルス&ウエルネスカンパニーのC E O でもあるDavid Zinczenkoの本を元に、8時間ダイエットの仕組みを勉強していきたいと思います。

 

 

彼自身もこの方法で減量に成功し、誰でもこの方法で、約10kg〜25kgの減量が見込めるとしています。

 

 

❶8時間ダイエットの基本

人間の身体は、一日中食べた物を消化する為に時間を費やすよりも、
一日のうち8時間の間に、食事を済ませ、残りの16時間を絶食して身体を修復させ、休ませる時間に使うべきだと言われています。

 

❷一日8時間の間に、全ての食事を済ませる

その人によって、朝9時〜夕方5時だったり、朝11時〜夜7時だったりすると思いますが、最初にまずは週3回、このダイエットを試してみて少しずつ回数を増やしていき、ゴールは毎日週7日、この8時間ダイエットが出来るようにしていきます。

 

❸8時間以内なら、何を食べても良いの?

基本的にこの8時間以内であれば、何でも自分の好きな物を食べて良い事になっていますが、「ポテトチップス一袋と板チョコ2枚と2リットルのコーラたいらげちゃった!」なんて言う暴飲暴食はいけません。
いつも腹八分で済ませるような、ポーションコントロールが必要で、この8時間以内でも、コーラや甘い飲み物は出来るだけ避けるようにしましょう。

 

❹朝食を遅らせる

朝食を早めに食べてしまうと、8時間経ってから夜遅くにお腹が減って、眠れないと言う事になってしまうので、朝起きたらお茶やコーヒーを飲んで、軽めのエクササイズをし、その後遅めの朝食をとるというのが、長続きのコツになります。

 

❺オヤツはOK?

この8時間以内であれば、オヤツもOKです。ですが先ほども述べたように、ヘルシーで上手なオヤツ選びが鍵になります。

 

❻どんな食事をすれば良いの?

どのダイエットにも言える事ですが、大事なのは、良質のタンパク質、脂肪、繊維質そして炭水化物、全ての栄養素をバランス良くとる事です。
出来るだけ、海藻類や大豆製品、緑黄色野菜の多い、手作りの和食を心がけましょう。

 

❼8分のエクササイズ

このダイエットに、たった8分のエクササイズ、有酸素運動や筋肉トレーニングを加えるだけで、より一層の減量効果が期待出来ます。

 

❽どうしてこのダイエットが、効果的なの?

この8時間ダイエットを続けていると、知らないうちに一日の摂取カロリーが減って、食事をとらない16時間の間に、身体が自然にデトックスが出来るからです。

 

まとめ

この8時間ダイエットの方法だと、毎日毎日面倒なカロリー計算をする必要もないですし、きついエクササイズをする必要もありません。
基本、バランスのとれたヘルシーな食事を心がければ、8時間の間は、何を食べても良いのですから、このダイエットは試してみる価値ありですよ!




コメントを残す