アトピー性皮膚炎の人に気をつけてほしいこと

 

 

アトピー性皮膚炎の人に気をつけてほしいこと

 

アトピーをもつ人が日本には増えています。

 

昔はアトピーを発症する人が少なかったこと、生活環境が悪く栄養状態があまりよくない後進国の人にアトピーが少ないことからも分かるように、先進国に増えているのです。

 

アトピーの中でも、痒みが強く、見た目にも影響を与えるアトピー性皮膚炎、治療もなかなかうまくいかなくて、人と会うことが苦痛になるなんて話も耳にします。

 

薬に頼るのではなく、してはいけないことを知り、痒みを軽減させる方法はないのでしょうか。

 

 

 

【アトピー性皮膚炎とステロイド外用薬】

 

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドを処方されることが多いです。
外からの刺激や食べ物などの原因に免疫機能が過剰に反応して、症状として現れるアトピー性皮膚炎。この炎症と痒みをまず抑えるためにステロイドを処方します。

 

これは、アトピー性皮膚炎を抑えるためではなく、痒みで掻いてしまって一段と傷つけて、肌のバリア機能を壊してしまわないために処方されていることを知ってください。

 

さらに、免疫機能を抑制して炎症を抑える効果があるので、見た目にはきれいになりやすいです。
しかし、原因物質の対策をしていないままでは、ステロイドを強くしていくしかなくなってしまいます。

 

 

 

【適切にステロイド外用薬を使う】

 

最初に強いステロイドで炎症を抑え、原因物質の特定、対策をしながら、徐々に強さを弱くしていき、中止することを目指すのが望ましいです。

 

ステロイドの副作用についてたくさんの情報があふれているので、使いたくないかもしれません。しかし、医師の指示通りの用法・用量を守らないと、効果が得られません。

 

効果が得られないものをだらだらと使い続けるほど意味のないことはありません。
さらに、医師の判断を曇らせてしまうため、強いステロイドに変更されてしまうかもしれません。

 

 

 

【外用薬を塗るときに】

 

ボディシャンプーには海面活性剤などの添加物が多く含まれていて、皮脂を過剰に奪います。また、石鹸を使うと皮脂をうばって良くないからと自己判断するのも間違いです。

 

医師から特別な指示がない限り、香料などが極力含まれない普通の石鹸で、皮膚を清潔にしてから外用薬を塗ることが必要です。

 

さらに、外用薬の効果を留めるために、同時に保湿力の高いクリームなども処方されます。
大変ですが、この保湿をしっかりしてください。

 

 

 

【アトピー性皮膚炎は身体の病気】

 

アトピーさえ出なければ他は健康なんだけど。と思っている人は多いでしょう。それでは、皮膚の炎症ばかりに目がいき、肌のケアや衣類の選び方などの対策はできていても、薬に頼ってしまうだけになり、いつまでも治療が長引いてしまいます。

 

しかし、アトピー性皮膚炎は皮膚の病気ではなく、身体の病気だと理解してほしいのです。
自分は身体の中から何かを変えないと、アトピー性皮膚炎を治すことができないということです。

 

ストレスをためない、バランス良く食べ、適度に運動し代謝を促す、老廃物をきちんと出す。この当たり前のサイクルを継続してみることで、アトピーの症状が変わっていることに気付くこともあります。

 

 

 

【まとめ】

 

アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の気持ちは、図りしれません。
きっととても痒くて、辛くて、イライラするだろうし、ステロイドの副作用が気になるし、実際肌に色素沈着を起こして悩んでいる知人もいました。

 

してあげられることが無くて辛い思いをしながら、ただ見守ってくれている人もいます。
少しでも痒みをコントロールできて、調子のいい日を1日でも多く感じてもらいたいと思います。




コメントを残す