タイプ別!目が2倍大きく見えるメイク技

 

 

《目が2倍大きく見えるメイク技》

 
コンプレックスのひとつとして「目が小さい」と悩む女性はとても多いと思います。プチ整形は怖いと悩んでいる方は、目が大きく見えるメイク方法を覚えてみるのはいかがでしょうか?

 

●目の幅を確認しましょう

 

自分の目の幅はどのくらいありますか?また、鼻を挟んだ距離はどのくらいありますか?それによってもメイクの仕方は異なってきます。鼻を挟んだ目と目の間の距離が、目と同じくらいの幅があるのであればちょうどよいのですが、それよりも狭ければ「目が寄っている」と表現されますし、広ければ「目が離れている」と表現されやすいでしょう。

 

 

《目が顔の中央に寄っている》

 

この場合は、アイラインを長めに引く方がよいでしょう。目の形に沿って目の幅を少し足すように描くと大きく見えます。アイシャドウも目頭は薄く、目尻は濃く、という色の濃淡をつけることで色の印象で目尻のほうに視線がいき、少し離れて見えるようになります。

 

 

《目が顔の中央から離れている》

 

この場合は、目頭のほうまでしっかり切り込みをいれるようにアイラインをいれて、目尻はあまり書き足さないようにしましょう。また目頭のあたりから下まつげのラインに沿ってハイライトをいれ涙袋をいれてあげると、目が少し寄って見えるようになります。

 

 

●一重・奥二重・二重によってもメイクの仕方は異なる

 

一般的に二重の方は「目が大きい」と言われますが、目の幅が狭かったり二重の幅が狭かったりと人によって異なります。

 

 

《一重・奥二重》

 

一重や奥二重の方は、アイシャドウをホール全体にしっかりといれるようにすると良いと思います。またアイラインをぎっちり引きすぎてしまうと逆に目が小さくみえてしまうので、アイシャドウの濃淡でアイラインを作ると自然に大きな目に見えます。

 

 

《二重》

 

二重の方でも、目の幅が狭い人はアイラインを目尻から下まつげの方まで囲うような引き方をしてしまうと小さく見えてしまいます。幅をもたせるように、上アイラインと下アイラインの間を少しだけ話すようにすると少し目が大きく見えます。また、二重の幅が狭い方はアイラインを太く書きすぎてしまうと目が小さく見えてしまうので要注意です。

 

 

●アイシャドウの色はオレンジがかったゴールドブラウン

 

まぶたの厚さや、もともと持っている肌の色で似合う色は変わってきます。しかし、ピンク系のアイシャドウですと可愛らしい印象にはなりますが腫れぼったくみえてしまいますし、ブルーやパープル系のものだとクールな印象ですがキリッとした切れ長の目に見えてしまいます。
印象もよくナチュラルに大きく見えるのはゴールドブラウンのあたりがよいでしょう。
目を丸く見せたい方は目の中央に明るい色を濃くのせ、幅を広く見せたい方は目尻側に少し色をのせるとよいとおもいます。アイシャドウだけでも印象が随分と変わってきますよ。

 

 

●まつげは上げても上げなくてもよし!

 

切れ長に見せたい場合や、目が顔の中央に寄っている方・二重の幅が狭い方などは、まつげを上げないでマスカラを塗ったほうが目が大きく見えます。二重の幅にまつげが影となり、小さな印象にしてしまうので無理に上げたりしなくてもよいでしょう。目が離れているひとは目の中央部分をきつくあげておくとよいとおもいます。まつげはダマにならないようにしっかりと1本1本に塗りコームでとかしてあげるとなおのことナチュラルな印象に仕上がります。

 

メイクは、誰かの真似をすることから始まります。しかしいつかは「自分の顔に合ったメイク」を習得し、自分が一番綺麗に見える方法がわかるとより毎日が楽しくなるかもしれませんね。




コメントを残す