ネイルもファンデーションと同じように、肌なじみの良い色に個人差があります!

 

 

ネイルもファンデーションと同じように、肌なじみの良い色に個人差があります!

 

<上級ネイルを楽しむために♪>

 

 

おおよそ1ヶ月楽しめるジェルネイル。だからこそやはり自分らしい色使いや、おちついたデザイン、肌なじみの良い色にこだわりたいですよね?

 

ちょっとした行事や気分転換、自分へのご褒美のために、時にはちょっとポップな色使いや、大き目のチャームなどを取り入れたデザイン、ネイリストおすすめのトレンドデザインに挑戦することもあると思いますが、そうした特別な時のネイルを更に引き立たせるためにも、普段のシンプルかつ手入れのゆきとどいた指先が物を言います!

 

いつもおしゃれな人が、今日は特別なおしゃれをしている。と言う印象を与えるのと、いつもまったくかまわない人が、なんだかちょっとがんばり過ぎちゃってるみたい。と言う印象を与えるのとでは、やはり前者の方がいいですよね?

 

指先は、見られていないようで意外と人から見られています。
普段使いのネイルの女子力UPポイントをちょっと押さえて、より上級の指先のおしゃれを楽しみましょう!

 

 

 

<ナチュラルに仕上げることで指先を長く、そして上品に演出! >

 

◆肌なじみの良い色とは?

 

肌の色にはそれぞれ個人差があります。
日本人用として市場に出ているファンデーションにも、さまざまなカラーがありますよね?それと同じように、手先、指先の肌の色、明るさ(トーン)、にも個人差があります。

 

また、年代によって肌質にも変化があります。
若い方は、肌なじみをちょっと外したカラーのネイルをしても、若さでカバーされる上、少々色浮きしていてもかわいいのですが、大人女子がより上級のネイルのおしゃれを楽しむのなら、色浮きすることで見た目の指先年齢を引き上げてしまうことを避けることがベストです。

 

さてでは、肌なじみの良い色とは具体的にはどのような色なのでしょうか?代表格は、ベージュ、ピンクベージュ、グレージュなどの肌の色に近い色です。自分の指先の肌の色に近いカラーを選ぶことで、ネイルと指先に一体感が出て指先を細く長く見せる効果があります。

 

この辺りの色のラインナップは各ジェルメーカーともとても豊富なので、ラメが少しだけ入っているものや、パール感や光沢のあるもの、マットなタイプのものなども含めて多種多様です。ネイルサロンにも沢山のカラーサンプルがありますので、ネイリストの方にアドバイスを貰いながら自分にぴったりのチョイスするのが良いです!

 

その時に注意しなくてはならないのが、サンプルはクリアもしくは白いプラスチックのベースの上にジェルを3度塗りして硬化させているので、実際の爪の上の仕上がりよりも若干明るめに発色している。と言うことです。そのため、サンプルよりも少しくすんだカラーや、トーンを落としたカラーを選んだ方が肌になじむことが多いので、サンプルの中に気になった色があったら、試し載せをさせて貰えるかどうか確認して、できれば試し載せをしてから施術すると良いです。

 

肌なじみに少しだけ気を付けることで、色浮きの無いとても上品な指先に仕上げることができます!

 

 

◆爪の形や大きさによっても、肌なじみの良い色が変わって来ます。

 

爪の形や大きさにもそれぞれ個人差があります。
縦長のシルエットを出しにくい爪なので、それが悩み。と言う方もいらっしゃるでしょうし、平たい爪なので女性らしくならない。とお悩みの方も多いとお聞きしたことがあります。

 

縦長のシルエットが出しにくい爪の方がベージュ系のカラーを選ぶ場合には、より自分の肌に近いカラーを選ぶことがポイントです。そしてワンカラーのベタ塗りよりも逆フレンチやグラデーション、縦の方向にストーンを配置するデザインを選ぶと、より一層縦長のシルエットになるのでおすすめです。

 

また、平たい爪の方は赤やオレンジなど、明るめのはっきりとした色でコロンとしたネイルに仕上げることがおすすめです!

赤いネイルは、長い爪に施すよりも短い爪に施す方が愛らしく、女性らしく見えます。色白の方は明るめの赤、オークル系の肌の方は、落ち着いた赤をチョイスすることで肌の色を美しく魅せてくれる効果が高まります。

 

赤やオレンジのネイルで視線を指の先に持って行くことで、指の見た目の印象も変えることができます。ワンカラーのベタ塗りや、両手全部の指を同一のカラーにすることに抵抗がある場合は、こちらもグラデーションや逆フレンチ、ななめフレンチなどのデザインがおすすめです。

 

はっきりとした色に挑戦するのはまだちょっと・・・と言う方は、クリアなジェルで指先にフォログラムをあしらったり、小花を施すのも良いです。クリア+フォロ・小花は年齢問わずかわいらしい指先に仕上がりますよ!

 

 

<まとめ:サロンで迷った時には、肌なじみの良いカラーが希望。とおっしゃってみてください♪ >

 

肌なじみ、肌なじみと繰り返してしまいましたが、ベージュ、ピンクベージュ、グレージュと言ったカラーはいずれも、バリエーションが豊富で選択肢が多いため、サロンでカラーサンプルを見ても、ざっと見ただけでは自分に似合うカラーはどれなんだろう?と迷うことが多いものです。

 

私もサンプルを見れば見るほど、どれが自分にしっくりくるのか、自分の肌になじみやすいのかがすっかりわからなくなってしまうことが良くあります。

 

そうした時、肌なじみの良いカラーと言うことを念頭に置いてチョイスすると良いです!

 

またネイリストの方に、ざっくりとベージュ系と言うようなオーダーやピンクベージュ系でおすすめのカラー。とだけ伝えるよりも、“肌なじみの良い”と付け加えることで、自分の指先とカラーとの相性を見て貰うことができるので、ぜひ、迷った時にはその一言を添えてみて下さい。

 

若い方も指先を清楚に魅せたい時には、肌なじみの良いカラーをチョイスすることで、とても上品な仕上がりになり、派手でキラキラなネイルよりも女子力高めになること間違いなしでおすすめです。

 




コメントを残す