愛嬌がない!とよく言われる女性のための「かわいい印象を与える」表情の作り方

 

第一印象をよくしたい!

 

第一印象はどれくらいで決まると思いますか?初めてお会いした方とゆっくりお話をしていて決まるわけではありません。実は驚くほど早く「7秒」しかないんです!!

いったいどのようにして7秒で決まってしまう第一印象をよくすることができるのでしょう?

 

 

 

感じのよい印象を与える表情・姿勢のつくり方

 

仕事では「この人は感じが良さそうだな」という印象をもってもらうことに越したことはありません。第一印象は「顔」です。顔の良し悪しではなく、誰しもが顔をみて話すのでその表情の作り方がしっかりできれば問題ないのです!

 

 

 

《80%の笑顔を心がけよう》

 

初めてお会いした方の前で無表情ですと暗い印象を与えてしまいますし、急に歯を出して全開に笑うのは少し活発な印象を与えすぎです。そこで「80%の笑顔」ができる練習をしましょう。

まず、注目するのは「口角」です。口角が鋭角に上がっていると頬の筋肉も上に上がり全体的に笑っている印象になります。このときに歯を出してしまうと笑顔が強すぎるので、出さないようにしましょう。また「微笑む」ように笑ってしまうと、愛想笑いっぽくなってしまうので「80%の笑顔を作る」と笑顔を作ると決めたほうが口角はしっかりと上がります。

 

 

《猫背厳禁!肩を張って》

 

普段から姿勢の悪い人は、どうしても肩が内側に入りやすく猫背になりがちです。肩が落ちているとどうしてもやる気のない印象となってしまいます。ですので肩をしっかり張り、胸をピンと上に突き出すような感覚で立ってみましょう。その方がご挨拶をするときやお辞儀をするときに変化がわかりやすく「しっかり挨拶をしている」と印象に結びつきやすくなります。

 

 

 

可愛い印象を与える表情・姿勢の作り方

 

 

プライベートでは、上記のようにしてしまうと「しっかりした子だな」という印象が強く、男性からはとっつきにくい印象を与えてしまうかもしれません。プライベートでは「この子可愛らしいな」と印象になるようにしてみましょう!

 

 

《目から笑う、を心がけて》

 

プライベートだと心の底から歯を出して笑顔になることも多いでしょう。お話を聞いていてうなずく程度の笑顔もあるでしょう。そんなときは愛想笑いにならないように「目から笑う」を心がけましょう。人間は笑おうとするとどうしても口から笑ってしまいます。上品に笑っているようにも見えますが少し距離のある笑い方になるので、鼻にしわを寄せるように目を三日月にするイメージで笑う練習をしてみましょう。

 

 

《肩は張っちゃいけない!?可愛い姿勢とは?》

 

プライベートでは少しくだけた方がアイスブレイクは早いです。しかし「だらしない」という印象を与えないようにしましょう。背筋は軽く伸ばしながらも、少し胸をしまうように肩を前に出し体を小さくするイメージです。このときに足が開いていたりするとだらしなくなってしまうので気をつけましょう。

 

 

 

まずは鏡を毎日みて練習を!

 

自分の表情の作り方を毎日鏡をみて観察し、少しずつ改善していきましょう。うまく笑えない人は、ちょっと恥ずかしいですが鏡の前でピースをして笑う練習をするのもよいかもしれません。心がけ次第で印象は変わるので、ぜひお試しください。

 




コメントを残す