加工食品の油は摂り過ぎに注意!

 

 

加工食品の油は摂り過ぎに注意!

 

 

私たちの周りには多くの加工食品が溢れています。そして、それらは手軽に食べられる食品としてとても重宝されています。

 

しかし、これら加工食品の食べ過ぎがシミやシワなどの原因や、内臓や血管の老化の原因になるのをご存知ですか?その理由は加工食品に使われている油にあったのです。

 

 

 

 

※過酸化脂質の取りすぎに注意※

 

 

加工食品に使われている油は主に植物油が使われています。その中でも、インスタント麺やスナック菓子、お惣菜などは高温で揚げて時間がたったものです。

 

実はこの時間が経った油は過酸化脂質という物質に変化しているのです。この過酸化脂質を大量に摂取すると、分解が追いつかず、体内に蓄積されてしまいます。これが、さまざまな悪さをしてしまうのです。

 

お肌においては、過酸化脂質はシミのもとになるメラミン色素を酸化させてしまい、通常よりも濃いシミを作り出してしまいます。そして、お肌のターンオーバーも低下させてしまう事実が近年の研究により明らかになっています。

 

 

 

 

※もう一つの怖い油、トランス脂肪酸※

 

 

お菓子や菓子パンなどの加工食品の材料として使われる、マーガリンやショートニングなどはトランス脂肪酸の代表と言われます。

 

トランス脂肪酸とは人工的に植物油を酸化しにくい油に加工したものになります。この油の怖いところは体内に蓄積しやすく、身体の中の善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすという働きがあります。

 

悪玉コレステロールが増えると血管の中をドロドロにしてしまい、動脈硬化などを起こす恐れがあります。
また、アレルギー疾患なども起きやすくなります。

 

こんな恐ろしい油ですが、比較的安価で扱いやすいので、市販の菓子パンやクッキーなどのお菓子、カップ麺などによく使われているのです。

 

原材料の表示に《ショートニング・植物性油脂・マーガリン》などと明記されています。

 

トランス脂肪酸はアメリカではすでに使用禁止になっている食品になります。

 

それだけ、危険な食品と言えますので、過剰摂取しないよう、気をつけることが大切です。

 

 

 

 

いかがですか?

 

普段何気なく食べていた加工食品が食べ過ぎると身体にどれほどの害をもたらすか理解されたことと思います。

 

近年はオリーブオイルで揚げたポテトチップスやノンフライのインスタントラーメンなどトランス脂肪酸や過酸化脂質が少ない加工食品も発売されているので、表示成分を確認し、見極めて購入したいものです。

 

そして、若々しく元気な身体を維持していって下さいね。




コメントを残す