気になるクマの原因は…明るい目元を手に入れるための対処法

 

 

気になるクマの原因は…明るい目元を手に入れるための対処法

 

目の下にクマがあると一気に老け込み、お疲れ気味の印象になってしまいます。
ケアをしてもなかなか改善されないクマはどう対処すればいいのでしょうか…

 

 

お手入れをしても改善しないクマは、もしかするとクマができてしまった原因に合った対処法ができていない可能性があります。

 

 

目の下にクマができる原因は大きく分けて3種類に分類されます。
それぞれの原因や対処法について詳しく見ていきましょう。

 

 

◎血行不良やうっ血による「青グマ」

 

 

目の周りの皮膚は非常に薄く、ティッシュペーパー1枚分とも言われています。
そして目の周りには数多くの毛細血管が存在しているため、血液の流れが滞ることによって、そのうっ血状態が薄い皮膚から透けて見えているのです。

 

血液中のヘモグロビンは正常な状態であればキレイな赤色ですが、血流が滞り、血液中の酸素が減少すると赤黒く変色してしまうため、更にクマを濃く見せてしまう原因となっています。

 

目の周りが血行不良を起こしている場合は身体全体の血行も滞っていることが考えられます。
血行不良になる原因は、睡眠不足・ストレス・冷え性などが挙げられるため、生活習慣の見直しが重要です。
血行不良を改善するためには、ウォーキングや水泳などの有酸素運動や半身浴が有効です。
継続して行うことで、血流が改善しクマが目立たなくなっていきます。日々の生活の中で習慣付けて行っていきましょう。

 

 

◎色素沈着による「茶グマ」

 

 

目の周りの皮膚が外的ダメージから肌を守るために、メラニン色素を生成するようになります。
通常であればこのメラニン色素は皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)と共に排出されていきますが、外的ダメージによりターンオーバーが上手く行われず、メラニン色素を含んだ古い角質が蓄積することで、茶ぐすみのようなクマができてしまいます。

 

肌に悪影響を与えている外的ダメージは、紫外線やクレンジング時の摩擦、目のかゆみで擦るなどが挙げられます。

 

目元の皮膚はとてもデリケートで様々な影響を受けやすい場所です。強く擦ったり、刺激を与えたりすると更に茶グマが悪化してしまうのです。

 

茶グマを改善するためには、まずそういった摩擦を最小限に減らすようにしましょう。
そして紫外線対策と同時に美白のケアを意識して行いましょう。
美白のケアは、乱れたターンオーバーを正常に戻し、メラニン色素を多く含んだ古い角質を除去する働きがあり、茶グマを改善していきます。

 

 

◎肌老化による「黒グマ」

 

 

年齢を重ねると肌はハリや弾力を失ってしまいます。そんな肌老化により、目の周りの筋肉のたるみやゆるみが原因となって影のような黒グマができてしまうのです。
黒グマでお悩みの方は年配の方が多い傾向にありましたが、最近は若い人もこの黒グマに悩んでいる方が増えています。

 

その原因はパソコンやスマホなどの酷使により、まばたきの回数が著しく少なくなってしまい、目の周りの筋力が低下していることが原因と言えるでしょう。

 

そしてもう一つの原因は紫外線です。紫外線を浴びると、ハリや弾力に重要なコラーゲンやエラスチンなどを生成する真皮層にダメージを与えてしまうため、皮膚細胞が破壊され老化現象を進行させてしまうのです。

 

私たちが老化する約8割の原因がこの紫外線とも言われているので、肌をダメージから守るためにも紫外線対策はしっかり行っておきましょう。

 

また紫外線対策と一緒にエイジング系のスキンケアを取り入れることで、肌のハリが改善され黒グマも解消されていきます。

 

 

一口にクマと言っても、クマが生じる原因は個々様々です。

 

まずはあなたのクマがどのタイプのクマなのかを把握し、生活の中に潜む原因を見極めることが重要です。
クマができる原因に合った対処法を見つけ実践することが、改善への近道になるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

また目元は様々な影響を受けやすい場所です。クマができるということは身体や心のバランスが崩れている可能性もあるので、クマができた時は身体からのサインと思って、しっかり対処するように心がけましょう。

 




コメントを残す