自分に合った朝洗顔とは?

 

 

自分に合った朝洗顔とは?

 

 

「朝は洗顔を使わずに水だけにするのがお肌にとって良い」

という話を耳にしたことがあると思います。その理由はお肌の皮脂を洗顔料で必要以上に取り去ってしまわないことにあるのです。

 

健康なお肌は正常な皮脂分泌がされていますが、ニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルの主な原因は過剰な皮脂分泌にあります。

 

強い洗顔料によって必要な皮脂まで洗い流してしまうと、肌は乾燥してしまい足りない分を補おうと、過剰に皮脂を分泌してしまいます。

 

その結果、毛穴に皮脂が詰まり、黒ずみの原因になったり、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまうのです。

 

それではやはり、朝は水だけで洗うのが良いのでしょうか?

 

実はそれはあまりお勧めできません。なぜなら水だけではきちんと皮脂を落とすことはできないからです。やはり朝の洗顔で大事なことは余分な皮脂を落とすということなのです。

 

 

 

 

実は恐い過酸化脂質

 

 

なぜ、余分な皮脂を落とすことが大切なのでしょうか?

 

実は、寝ている間に分泌された皮脂は時間の経過と共に過酸化脂質という、よくないものに変化しています。

 

この過酸化脂質を放置しておくと肌の細胞間脂質までも酸化させてしまい、その結果、肌がくすんだり、シミの素になるメラニンを生成してしまいます。

 

この酸化した皮脂を落とすためには、やはり洗顔料が必要なのです。

 

 

 

大切なのは落としすぎないこと

 

 

朝の洗顔で大切なことは洗浄力の強すぎない洗顔料を使い皮脂をおとしすぎないように短時間で洗顔するのがポイントです!

 

夜の洗顔はメイクと汚れをしっかり落とすことが大切ですので、それぞれに合う洗顔料を、選びましょう。

 

 

 

最適な水の温度

 

 

最後に、これらを踏まえた上で、もう1つ気をつけて欲しいことが、洗い流す水の温度です。

 

最適な水の温度は32~34℃くらいで、水に近いぬるま湯といった感じです。

 

洗う水が冷たすぎると毛穴が収縮して汚れや皮脂が残ってしまい毛穴詰まりやシワの原因になります。逆に熱すぎると今度は余分な皮脂まで取り去ってしまい皮脂分泌トラブルを起こしてしまうことになります。

 

タオルで拭く際も、お肌をこすらないように、軽く押し当てて優しく水分を拭き取るようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

お肌の皮脂の分泌量は人それぞれ違うし、その時の年齢やコンディションでも変化していきます。

 

自分の皮脂量としっかり向き合い、調整しながら自分に合った洗顔料を探して、最適な朝洗顔を見つけてくださいね!

 

そして肌トラブルのない、健康なお肌を手に入れてくださいね!




コメントを残す