風邪は薬では治らないって本当?

 

 

寒い冬はもちろん、季節の変わり目のように寒暖差が激しいとき、夏には夏風邪など、みなさんが経験したことのある「風邪」「風邪は薬では治らないから。安静が一番。」とお医者さんに言われたことがある方もいるかもしれません。

 

 

でも、薬を出さずに帰らされるわけではないし、どういう意味?と思った経験がありませんか?

 

 

とくに病院にも行かなかったし、薬を買って飲むわけでもないのに治ってしまったり、病院に行ってちゃんと薬も飲んでいるのに長引いてしまったりする「風邪」とは一体どういうものなのでしょう。

 

 

 

 

風邪をひく原因 風邪とは?

 

 

「風邪」とは鼻~ノドまでの上気道の炎症をさすので「上気道炎」といいます。厳密にいってしまうと激しい咳で器官が炎症を起こしたものは「風邪」ではなく「気管支炎」とうことです。

 

 

「風邪」の原因の約9割はウイルス感染症で、代表的なものは冬に多く重症化しやすいインフルエンザウイルス「」「RSウイルス」や夏風邪の原因菌である「エンテロウイルス」「コクサッキーウイルス」などです。

 

 

代表的な物は10種類程度ですが、「風邪」を起こすウイルスはじつに100種類以上確認されているのです。

 

 

寒冷などや温暖差は「風邪」の誘因になります。空気の乾燥はウイルスの増殖しやすい環境なので「風邪」をひきやすくなるのです。

 

 

残りの1割は、細菌感染症で、マイコプラズマ、溶連菌などは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

風邪薬とは?

 

 

一般的にドラッグストアで売っている「総合風邪薬」は、くしゃみなどの鼻症状、発熱、炎症によるのどの痛み、咳などの症状ごとに対応する薬をひとつにまとめたものです。

 

 

大体の症状にまんべんなく効果があるよう配合されていますが、その症状がない人が飲んでもいいように作られていることから、とにかく咳をとめたい!や、のどの痛みが我慢できない!とおいう人にはおすすめできません。

 

 

ドラッグストアでは「総合風邪薬」以外に症状に特化したものも販売されているので、薬剤師さんに相談すると良いでしょう。

 

 

もちろん、病院に行って処方される薬は症状別に対応したものです。高い熱には解熱剤、咳には咳止め、のどの痛みには炎症を止める抗生物質などです。

 

 

一般に「風邪薬」と思っているもの、実は原因の治療のための薬ではなく、「風邪」の諸症状を抑える薬に過ぎないのです。

 

 

 

 

 

風邪の原因菌・ウイルスに効く薬はない?

 

 

細菌には種類に応じて効果がある「抗生物質(抗菌剤)」ですが、ウイルスには「抗生物質」は効果がありません。

 

 

インフルエンザウイルスの治療薬は開発されて臨床でつかわれるようになりましたが、それ以外のウイルス効く薬は無い!のです。

そのことが「風邪は薬では治らないから」と言われる理由です。

 

 

インフルエンザの治療には、インフルエンザ治療薬のタミフル、リレンザなどでウイルスをやっつけ、加えて症状別の薬で症状を抑えます。

 

 

 

 

 

風邪を効果的に治したいなら

 

 

栄養をつけようと、積極的に食べることは逆効果のこともあるのです。ウイルスは消化管の動きなどにも悪さをします。消化のよいものを食べられるときに食べること。食べられないときは無理に食べずに消化管を休ませてあげましょう。

 

 

咳や鼻水はウイルスを外に出そうとする防衛反応で、熱は熱を高くしてウイルスを死滅させようとする防衛反応です。どちらも気付かないうちにたくさんの水分を体内から失っていますので、積極的に水分を摂りましょう。冷たいものを欲するかもしれませんが、消化管も弱っているので常温か温かいものが良いです。

 

 

便の中にもウイルスはいるので、咳、鼻水と同様で、外に出すことが大切です。そのためにも水分は積極的に摂ってください。

 

 

 

せっかく症状に応じた薬を飲んでも、身体の治癒力が落ちてしまうと長引いてしまいます。できるだけ無理をせず身体を休ませてあげることが、「風邪」を治す近道ではないでしょうか。

 




コメントを残す