お盆休みを利用して帰省を考え中の方必見!おすすめの帰省土産と気になる相場とは?

 

2016年から始まった祝日「山の日」がきっかけでお盆休みが増えたという社会人の方も多いのではないでしょうか。

この増えたお盆休みを利用して国内外への旅行を計画されている方やマリンスポーツなどのアクティビティに挑戦しようとお考えの方もたくさんいると思いますが、たまには増えたお休みを利用して故郷に暮らす両親に手土産を持ってあなたの元気な顔を見せに行きませんか?

そこで、今回はお盆休みを利用して帰省を考え中の方におすすめの帰省土産と気になる相場をご紹介します。

故郷の両親が喜ぶおすすめの帰省土産

お盆休みを利用して帰省する際、お仏壇にお供えするお菓子などを帰省土産として持って行くのが定番となっています。ですが、たまにはお仏壇にお供えするお菓子ではなく、両親が喜ぶ帰省土産を持って帰省したいと思いませんか。

まず、帰省土産で両親を喜ばせるためのコツは「消えもの」を選ぶことです。

消えものとは、使うと無くなってしまうもの、つまり食べたり飲んだりしたら消えてしまう飲食物などのことを指しており、

  • 両親の大好物
  • あなたが住んでいる地域の銘菓や特産品
  •  テレビや雑誌などで何度も紹介されている有名店のスイーツ

など、普段はあまり食べることができないちょっぴり良いものを帰省土産に選ぶのが両親を喜ばせるポイントとなります。

帰省土産の相場は?

故郷の両親を喜ばせたい一心で、ついつい高級な帰省土産を買ってしまう方も多いですが、あまりにも高価な品物を選んでしまうと、受け取る側の両親が気を遣ってしまいます。

帰省土産の金額は、2,000円から3,000円が相場となっておりますので、それ以上高いものを持って行くのは避けましょう。

ただ、地域によっては帰省土産を持って行ったり、受け取る習慣が無いこともありますので、その場合は無理して帰省土産を持って行く必要はありません。

ですが、久々に実家へ帰るという場合は、家族揃って楽しい時間を過ごしたいという意味を込めて帰省土産を持って行くと良いでしょう。

まとめ

今回はお盆休みを利用して帰省を考え中の方におすすめの帰省土産と気になる金額相場についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

お盆期間中に帰省するということもあり、帰省土産にのしを付ける方も多いですが、あくまで帰省する際に持って行くお土産ですので、基本的にはのしを付ける必要はありません。
どうしても帰省土産にのしを付けたい場合には、「御土産」や「御挨拶」などの上書きが入った紅白ののし紙を用いるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です