600年以上も前から行われている美容・健康法「よもぎ蒸し」

 

 

 600年以上も前から行われている美容・健康法「よもぎ蒸し」

 

土手や道端にも生えている日本で最も親しみやすい薬草・ハーブと言えば「よもぎ」です。
草もちをご存知でしょうか?

 

あの美しい緑色の餅の中に入っている「草」の正体がよもぎなのです。
よもぎはキク科のヨモギ属多年草。葉を良く見るとキクの葉に良く似ています。

 

田舎などでは今でもよもぎの葉が大きくなる4~5月になるとよもぎの葉をつみ、もち米やお米の粉を使用して草餅づくりを行っている家庭や、天ぷらにして食べている家庭もあります。

 

このように食べておいしいよもぎですが、実は健康や美容に優れた効果のある植物。
昔からあらゆる方法で万能薬として使用されている、大変優れた嬉しい植物なのです。

 

食物繊維・クロロフィル・鉄分・カルシウム・カロテン・ビタミンAなど多くの身体によい成分が含まれていますが、特に注目なのがクロロフィルという成分です。クロロフィルは身体の中の残留している毒素や有害金属、農薬などを排出してくれる、他にはあまりない優れた働きがあるのです。

 

これらの優れた成分により、外用として手荒れや湿疹改善、切り傷殺菌効果などが期待でき、香りはリラックス効果・精神安定・ストレス解消・安眠作用が期待できます。服用としては咳止め、アトピー、発がん防止、デトックス、口臭と体臭予防、貧血、胃腸強化・ダイエット効果が期待できます。

 

そしてさらにおすすめなのが「よもぎ蒸し」をすることによって期待できる効果です。

 

はっ??よもぎ蒸し??

なんだかおいしそうだけど蒸しパンの事?

葉を蒸して食べること?

 

と興味津々、びっくりされた方も多いと思いますが、正解は「よもぎ蒸し」という美容・健康方法です。

 

よもぎ蒸しは韓国では600年以上も前から行われている美容・健康方法。

 

今日本でも秘かな話題となっており、美容と健康を願う女性から特に支持され、多くの方がエステサロンなどで行っています。

 

やり方も斬新!お風呂場にあるような穴のあいた椅子に座ります。

 
穴の中ではヨモギその他の漢方薬を入れた鍋をグラグラと煮立たせ、蒸気を出します。
その蒸気で膣と肛門の粘膜からヨモギやその他漢方薬の成分を吸収させていく、聞いたこともない驚きの美容・健康法なのです。

 

格好は裸に首からマントで椅子ごとすっぽりと覆うので、まさに蒸し人間状態。自分がまるでヨモギと共に調理されているような気分になります。

 
時間は30分前後。途中で椅子の前に座って背中を温めたり、膝を曲げたり、胡坐をかいたりするのも良し、顔をうずめて蒸気で顔や髪を蒸すのもおすすめです。

 
顔はよもぎの美肌効果でつやつやしっとり。髪にも艶が出ます。よもぎ蒸しは血行が良くなるので冷え性の女性には絶大な効果があると大好評。

 
更年期障害や婦人病、痔や便秘、生理痛の緩和、ホルモンバランスの正常化、産後の回復、肌荒れ、ニキビなどの肌トラブル改善などにも効果が期待できます。

 

忙しくてサロンなどに行けない方はネット通販などでよもぎ蒸しセットなども購入できます。

 

やりすぎには注意が必要。適度に無理をせず、体調と相談し、快適な頃合いを見て調整して行うのがおすすめです。・
美容面・健康面・ストレスでお悩みの方、薬などに頼りたくない方は是非お試しください。




コメントを残す