オイリー肌にもオススメ!ホホバオイルの効果と使い方

 

 

オイリー肌にもオススメ!ホホバオイルの効果と使い方

 

肌や髪の毛の美容に効果が高いと人気の「ホホバオイル」。
しかし実際に使っている方の中には、どう良いのかその効果を実感できずに、使用を止めてしまったという声も多く聞かれます。

 

 

「ホホバオイル」は乾燥肌の方だけでなく、オイリー肌の改善やお手入れにも効果が高い万能オイルです。
せっかく使うのであれば、その効果をしっかり実感できるよう上手に取り入れていきたいものです。
そこで今回は、今さら聞けない「ホホバオイル」の効果や使用法について詳しくご紹介していきます。

 

 

◎ホホバオイルとは…

 

ホホバオイルはツゲ科の多年草であるホホバから抽出される天然のオイルです。
カリフォルニアやメキシコなどの乾燥地帯で生息する植物で、暑く水分のない過酷な環境下でも生育する力強い植物です。

 

高い保水能力を持つホホバは、スキンケアの成分としてよく用いられており、肌のハリや弾力・うるおいを維持する効果が非常に高いという特徴があります。

 

 

 

 

◎乾燥肌の改善に効果的な使用法は…

 

肌がカサカサ…乾燥が気になる時は、皮脂の分泌が少ないため、肌表面を潤わせるための水分が維持できていない状態です。水分量が減ると肌を守るバリア機能が低下してしまうため、紫外線などの外的ダメージからの影響を受けやすくなってしまいます。

 

ホホバオイルには「ワックスエステル」と言われる保湿効果・抗酸化作用・ダメージ修復の効果が高いバリア機能があり、この「ワックスエステル」の構造は、もともと私たちが持つバリア機能の構造と非常によく似ているため、負担なく肌内部に成分を浸透させることができます。

 

 

 

・使い方

 

まず化粧水などでしっかり肌に潤いを与えることが重要です。
そして乳液や美容液にホホバオイルを2~3滴入れて、顔全体にのばしていきましょう。
両手で顔を包み込みながらしっかり肌に浸透させ、最後に保湿系の美容液やクリームでうるおいを閉じ込めましょう。

 

 

 

◎オイリー肌の改善に効果的な使用法は…

 

肌のベタつきが気になるオイリー肌の方は、なかなかオイルでのお手入れに消極的ですが、実はオイリー肌の方こそ、ホホバオイルでのケアがおすすめです。

 

顔のベタつきが気になる原因は、肌表面の水分と皮脂のバランスが崩れてしまっていることが考えられます。皮脂が気になる方は、皮脂を抑えるお手入れに力を入れがちですが、オイリー肌のお手入れのポイントは保湿です。

 

皮脂を取りすぎると、肌はバリア機能を維持するために、更に皮脂を分泌するようになります。水分量が減少し潤い不足の肌に皮脂が分泌され続けると、肌のベタつき・毛穴詰まりによる角栓・ニキビ・酸化によるくすみなど、様々なトラブルが現れるようになっていきます。

 

肌にベタつきを感じる時は皮脂を取るのではなく、水分を補い保湿してバリア機能を維持することが大切なのです。

 

前述のとおり、ホホバオイルは非常に優れた保水・バリア効果を持っています。化粧水に2~3滴混ぜて、肌にしっかり浸透させましょう。

 

 

 

・毛穴詰まりによる角栓が気になる時のケア

 

肌に潤いが不足すると、皮脂が毛穴に詰まりやすくなり角栓やニキビを作る原因になってしまいます。
洗顔後、顔の水気をふき取り、適量のホホバオイル(500円玉程度)を手に取って、角栓が気になるところをクルクルと円を描くように優しくマッサージしていきましょう。

 

ホホバオイルは人間の皮脂に似ているため、肌に負担なく毛穴の汚れやつまりを浮き出すことができます。
5分ほどマッサージしたら、しっかり洗顔しましょう。

 

洗顔後はスキンケアです。マッサージ後はホホバオイルによって皮脂を取り去っている状態なので、しっかり保湿をしないと皮脂の分泌をさらに促してしまい、逆に肌トラブルを悪化させてしまいます。
マッサージをした時は、特に保湿を意識してスキンケアをしましょう。

 

ホホバオイルでマッサージを行う時の注意点は、肌に負担をかけないように強い力で肌を擦らないようにしましょう。オイルで肌を滑らせるように優しく行ってください。
またマッサージのし過ぎも返って肌ダメージの原因になってしまいます。お肌の状態を見ながら2週間に1~2回程度行ってみましょう。

 

 

 

◎万能ホホバオイルで肌質改善を!

 

ホホバオイルは乾燥肌・オイリー肌、どちらのケアにも効果が期待できるため、ベタつきが気になる暑い季節・乾燥が気になる寒い季節と、肌質を問わず一年を通して使っていけるスキンケアです。

 

また顔だけではなく、身体や髪の健康を維持する効果も高いため、これ一つで全身のケアが可能です。
今回ご紹介した使用方法以外にも様々な取り入れ方ができるホホバオイル。

 

ぜひ参考にしながら、あなたに合った使い方を見つけてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す